レディースローンは内緒で申込めるの?

夫婦共働きで、収入も口座も郵便物も配偶者と共有してるから、自分にはカードローンは無理だと思っていませんか?
郵送物の有無や、カードの管理、借入と返済の方法に気を付ければ、意外と夫に内緒でお金が借りられるものなのです。
契約書類が郵送されてくる問題は、インターネットで申し込み手続きをすることでクリアできます。
そうはいってもカードは送られてくるんでしょう?とお思いの方も多いでしょう。この場合、自分で受け取りにいけば解決できますね。無人契約機などで受け取りをすれば誰かと顔を合わせる必要もありません。
また、明細はweb上で確認する方法を取り、借り入れ・返済の際、専用ATM以外利用しない、という選択をすれば、利用明細や返済計画が自宅に届くこともありません。
それでもやはり不安だという方は、オペレーターがすべて女性で相談のしやすい、レディースローンでまずは相談してみるとよいでしょう。

知っていれば安心!こんな風にかかってくる在籍確認の電話

配偶者にばれないのはわかったけど、カードローンは職場に連絡が入るって聞いたし、同僚や上司に知られるのは嫌!という方もいらっしゃることでしょう。
そもそも、職場への在籍確認とはいったいどんなものでしょうか?
基本的には、申し込みをしたキャッシング会社から勤務先に電話がかかってきます。
内容としては、申込者本人が本当にその会社で勤めているのかを確認するのですが、金融機関としても申込者へ配慮をしていますし、貸金業法が適用される消費者金融などは「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と定められている為、たいてい個人名で電話をかけてくれるので、キャッシングの契約を疑われる心配はあまりありません。
また、銀行等であれば借り入れ以外の商品も多いため疑われにくく、おおむね銀行名で電話がきて、同じように申込者の在・不在を確認するそうです。
それでも、電話が来るのは困る!という人もいるでしょう。
そういう時は、在籍確認を電話以外で行ってくれる業者を選択するという方法があります。
この方法では「その会社に勤めているとわかる書類」を提出することで在籍確認をしてもらうことになります。
使用される書類は、勤め先から発行されている健康保険証、もしくは現在の収入を証明する書類(源泉徴収票や給与明細)です。

カードローンとレディースローンの違い

そもそも、レディースローンってなんでしょうか?
これは、おもに大手消費者金融が始めた「女性向けのキャッシングサービス」のこと。
女性向けとはいえ、現在では金利が他の商品と比べて安かったりすることはあまり無く、女性だからと言って審査に必ず通る、通りやすい!ということもありません。
サービス内容は同じ業者の他商品とほぼ変わりませんが、オペレーターが女性のみであったりすることにより、「消費者金融=男性が使う、よくわからない、不安」といったイメージ無く利用できるよう配慮がなされています。
また、アイフルの女性専用キャッシングサービス、「SuLALi」では、女性向けで華やかな専用デザインのカードを発行しており、武骨なキャッシング用カードを嫌煙する方への気遣いが感じられます。

申込めるレディースローンを選ぶ

主に消費者金融によって提供されているレディースローンですが、自分の用途や条件に合ったものを選ぶことが大切です。
たとえ手続きをweb完結できても、店舗や無人契約機が近所にないのでカードがもらえない!
または借り入れや返済を専用ATMでできない!なんてことがないように注意したいものです。
また、今まで紹介してきたレディースローンは消費者金融が主で総量規制の対象となる貸金業者にあたります。
つまり、女性専用キャッシングサービスは、現状「働く」女性専用となっているので、専業主婦の方はレディースローンの審査を受けることができません。
専業主婦で、本人名義の収入がない方は、貸金業法の制限を受けない、「銀行系カードローン」を利用しましょう。
銀行カードローンなら配偶者に収入があれば専業主婦でも借りることが出来ます。
もちろん夫に内緒で借りることが可能です。
(⇒かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集
URL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html
旦那に内緒で借りる方法はコチラのサイトで解説されています。