審査落ちの原因とは

銀行のカードローンは総量規制対象外なのでまとまった金額を用意したいときにも便利ですし、低金利ということで、返済も消費者金融よりも楽に行えることで人気となっています。
そして、この場合も利用する際には審査が必要です。
仮新審査の結果は比較的早く回答を得ることができますが、その後はより詳しい本審査が行われます。
仮審査がクリアしたからと、それで安心ではなく、本審査に落ちてしまうことでローンを利用できないという人もまた少なくありません。
別の業者であれば借入れを利用できる場合もありますが、すぐに申し込むのではなく、まずは落ち着いてその原因を確認してみましょう。
正社員の方でなくてもパート、アルバイトの人にも申込が可能ですが、あまりに収入が少ない場合や収入が安定していない場合は返済能力がないと判断されてしまうこともあります。
そして審査では職場に電話で、その人が本当に在籍しているかどうかを確認する在籍確認が行われることが一般的ですが、このときに確認が取れないと融資が見送られカードを発行してもらうことはできません。
さらに現在の借入れで遅延を繰り返している、過去に金融トラブルを起こしているなども審査落ちの原因となってしまいます。