限度額増額と追加融資

少し生活費が足りなくなってしまった時などに重宝するカードローン商品ですが、もしも限度額いっぱいまで使い切ってしまったらどうなるでしょうか。
それ以上は1円も借り入れができなくなりますので、いざという時には困ってしまうことになるでしょう。
そんなカードローンの限度額ですが、銀行にしろ消費者金融にしろ、それ以外の金融機関にしろ、増額してもらえる可能性は十分にあると言えます。
ですから限度額を増やしてもらえるのなら、融資枠が残っている限りは再び追加融資が受けられるようになるのです。
しかし増額申請の手続きをしたとしても審査が待っていますし、それに通らないことには追加での借り入れはできません。
その点は通常のカードローンと全く同じです。
それにその審査は決して難易度が低くはありませんので、結構ハードルは高いのです。
しかも追加融資が希望通りに増えたとしても、それは借金の総額が増えることを意味しますので、後に残る返済は大変になります。
ところでカードローン商品は、無事故で一定期間ずっと使い続けていると、申請しなくても自然に増額してもらえることもあります。
金融機関は常に顧客をチェックしていますので、優良な顧客にはより多くの融資をしてくれるのです。